王子ペットクリニックロゴ

〒114-0003 東京都北区豊島1-22-9 TEL:03-3913-2500


再生医療

再生医療

再生医療、それはでもなく、手術でもなく、患者自身(自家)あるいは他の健康な子(他家)の細胞を用いる治療です。

患者自身の自己治癒能力を引き出し、増幅する治療法です。これにより、従来治せなかった病気が治るようになってきていると世界中で注目され、研究されている治療法です

当院では積極的に再生医療を取り入れております。

ご質問などありましたらお気軽にお電話にてご相談ください。

 

幹細胞療法を用いた再生医療

動物の体には、さまざまな器官や臓器などに変化する(「分化する」といいます)細胞が存在します。この細胞は幹細胞(かんさいぼう)と呼ばれます。幹細胞療法とは、この細胞を体外で培養し、体内に戻してあげることで、失われた臓器や怪我の再生を行う治療法です。

幹細胞療法では、2種類の幹細胞を利用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。

骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や、軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形作る細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を「再生」させる治療法なのです。

 

脂肪幹細胞療法

皮下脂肪を無菌的に取り出し、体外で間葉系幹細胞を増殖させ体内に戻す治療法です。

骨折癒合不全

骨髄幹細胞(MSC)自身が骨芽細胞に分化することにより、骨をつくりたい部分にカルシウム沈着を起こしやすくすること、また血管内皮細胞への分化能力やTGF-βやVEGFなどのサイトカイン放出による血管の引き込みや毛細血管をつくり出すことにより、栄養供給やしっかりとした骨をつくる環境づくりに活躍する。

またMSCが放出するサイトカインは周囲の骨芽細胞や破骨細胞にも作用し、それぞれの細胞増殖や分化に多大なる影響を及ぼすことが考えられています。

PRPやbFGF(フィブラストスプレー)、 TCP(トリカルシウムフォスフェイト)、海綿骨などの足場材料と混ぜて移植を行います。

骨髄幹細胞の培養中の写真

脊髄損傷(椎間板ヘルニア等)

骨髄幹細胞中の間葉系幹細胞(MSC)が放出するサイトカインや血管内皮への分化により、新たな毛細血管網の構築や、 MSC自身が神経細胞に作用することで、神経細胞の軸索を伸長させやすくします。

 

骨髄液を1mL程度採取し、その中からMSCを約2週間培養します。 MSCは約1×107個まで増殖させ、脊髄損傷のオペを行うと同時に、損傷部位に培養されたMSCを直接おいてきます。欠損部を見つけ、オペで原因となる箇所を治療後、炎症を治めるためエラスポールとプレドニゾロンおよび低容量のステロイドなどを投与します。

 

その後、細胞の培養を続け、オペ1週後および2週後に、細胞を回収し、点滴静注や脳脊髄腔(くも膜下腔内)、および患部へ直接注入する方法などでMSC投与を続けます。脊髄損傷後半年以内の比較的浅い症例にMSC治療を行うことが望ましいです。

 

 

当院では細胞医療班を設けております。

獣医師の草場を中心に動物に負担の少ない最新の医療を行うことに尽力しております。

細胞医療班を設けることによって、治療の幅を広くしていけるよう努力していきますので気軽にご質問ください!


PageTOP