PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

椎間板ヘルニアの治療の中でも「体に負担が少ない」「傷口もほとんど残らない」として、ヒト医療においても注目を浴びている治療方法がPLDD(Percutaneous Laser Disc Decompression)というレーザーによるヘルニア手術です。

当院では、低侵襲(インターベンション)療法として、従来の手術方法に比べて動物への肉体的負担が少ない、画期的な治療方法であるPLDDによるヘルニア手術を実施しています。

PLDD

椎間板ヘルニアとは

人間が椎間板ヘルニアになるように、犬や猫といった動物も椎間板ヘルニアになる場合があります。ただ、動物は人間と異なり、痛みを我慢して表情に出さないようにするので、なかなか気付いてあげることができません。悪化して足や腰を引きずるような仕草を見てようやく気付くことも多く、その場合には歩行困難になることもあります。そのため、まずは犬や猫などがどのような原因で椎間板ヘルニアになるのか、また初期段階で気づいてあげるにはどうしたらいいかを知っておきましょう

犬や猫は、首から背中にかけて背骨があり、背骨は脊椎という骨が繋がって構成されています。椎間板は、その脊椎の中に存在し、背骨にかかる負担を和らげるクッションのような役割を果たしています。通常は脊椎の中に収まっている椎間板が、何らかの原因によって飛び出してしまい、脊髄などの神経を圧迫してしまいます。これが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアは2種類あります。ハンセン1型ハンセン2型です。

ハンセン1型は、軟骨異栄養性犬種(ダックスフンド、シーズー、ウェルシュコーギー、ビーグルなど)がなりやすいヘルニアです。線維輪が破けて、髄核が脱出し、脊髄神経を圧迫することにより発症します。

ハンセン2型は、加齢に伴って発症します。椎間板が変性し、厚くなった線維輪が脊髄を圧迫します。

椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアのグレード

椎間板ヘルニアには、その重症度のグレードが存在します。5段階あります。

グレード1 背中を触られると嫌がる、運動を避けようとする、ソファや階段の上り下りができなくなるなど
グレード2 後ろ足の力が弱くなり、引きずって歩いたり、ふらふらして歩いたりするなど
グレード3 後ろ足を使えなくなり、前足だけで歩くようになる
グレード4 自分の力で排尿ができなくなり、尿を垂れ流すようになる
グレード5 深部痛覚という痛覚の中でも一番深い所にある感覚を失い、鉗子で掴んでも何も感じなくなる

何事もそうですが、早期に発見し、適切な治療を受けることが肝要です。少しでも思い当たる症状がありましたら、気兼ねなくご連絡ください。

手術時の写真

実際に施術している様子です。

手術時の写真
ページトップへ