王子ペットクリニックロゴ

〒114-0003 東京都北区豊島1-22-9 TEL:03-3913-2500

尿道膀胱鏡検査

尿道膀胱鏡検査

尿道膀胱鏡検査

尿道膀胱鏡検査は、尿検査、レントゲン検査およびエコー検査などで診断できない泌尿器疾患の診断に使用します。

当院では、膀胱結石の成分分析、膀胱内ポリープの生検、慢性膀胱炎の精査などで多く使用しています。

膀胱鏡には硬性鏡と軟性鏡があり、硬性鏡は雌犬の膀胱や尿道の観察に使用します。軟性鏡は雄犬や体の小さい子に使用します。

硬性鏡

硬性鏡

膀胱結石があり、摘出の際に硬性鏡で観察しながら取り出しました。 小さな傷で取り出せるため、とても低侵襲です。

軟性鏡

軟性鏡

膀胱内のポリープを確認し、膀胱の部分切除を行いました。 傷をつける前に観察することで出血がなく、明瞭な視野でポリープの確認が可能です。

また、手術にも使う腹腔鏡を用いてお腹の中の臓器の生検を行うこともあります。

PageTOP